りょうの未来ブログ

「行動したら人生が180度変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログ

【こじるり】小島瑠璃子さんの筋トレ否定の炎上で分かること

 

こんにちは!

筋トレ歴7年のりょうです。

 

今回は最近ネットで炎上している、「小島瑠璃子さんの筋トレ否定」について話していこうと思います。

 

よくある、「努力している人を否定してるし、こじるりは性格悪い」なんて安直なことを言うつもりは毛頭ありません。

 

 

2分ぐらいで読めるので、しばらくお付き合いください。

f:id:ars1108:20200502130929p:plain

 

 

 

小島瑠璃子さんの炎上の理由

流れを簡単に書いていくと、

 

①小島瑠璃子さんが板野友美さんとのインスタライブでリスナーの質問に答えていた。

「筋トレしている男性ってどう思いますか?」という質問に対して、

「私、筋トレしてない方がいい。筋トレっていうことが世界で一番、意味分かんないんだよね」と発言しさらに筋トレをしている人を否定するような内容を続ける。

③それに対し、筋トレをしている方々が痛烈な批判をし出し炎上。

 

という流れです。

 

小島瑠璃子さん的には「ラグビーやってて筋肉付くとか、格闘技やってて筋肉付くとか、そういう方が好きなんだよね」と筋肉が目的ではな、スポーツで出来た筋肉なら良いとのこと。

f:id:ars1108:20200502131232p:plain

この件について思うこと

バリバリのトレーニーとして、小島瑠璃子さんの発言を聞いていて最初は凄く悲しい気持ちでした。

「筋トレは成長や喜びをもたらしてくれる自己投資なのに」と思いました。

ネットで小島瑠璃子さんを批判してる人と同じような気持ちだと思います。

 

ただ思ったのは、そこで小島瑠璃子さん一人を叩くのは違うと思いました。

誰だって興味がない分野って深く調べようとしないですし、分からないことだらけです。

 

小島瑠璃子さんは筋トレにあまり興味がなく、筋トレについて詳しいことを知らない結果、このような発言をしてしまったんだと思います。

 

ここからはあなたの今後の人生に絶対に役立つ知識をお伝えします!

その考えができると他の人とは一線を画する存在になれます。

 

感情を軸に考えないことの大切さ

例えば、「格差」という言葉を聞いたときに何を思い浮かべるでしょうか?

多くの方はネガティブなことであると感じるはずです。

 

そしてその言葉にネガティブな感情を抱いてしまうと、「悪者」を見つけようとします。

つまり感情を軸に考え、スケープゴート(生贄)を見つけては袋叩きにして憂さを晴らします。

 

感情的な不安を解消して溜飲を下げることには成功するでしょうが、これによって「格差」という問題が解決することは永遠にありません。

たとえ「悪者」がいなくなっても次の悪者が出てくるだけで、根本的な解決には繋がりません。

 

このように、感情的な不満を解消することに問題が途中で「すり替わって」しまうことは人間にはよくあります。

f:id:ars1108:20200502131052p:plain

小島瑠璃子さんの筋トレ否定にも同じことが言えると思います。

今回の問題は「小島瑠璃子さんが筋トレを否定した」ということです。

これは小島瑠璃子さんを叩いても感情の憂さ晴らしになるだけで、誰も得しません。

 

おそらく小島瑠璃子さんはもっと筋トレしてる人が嫌いになるでしょう。

 

ここでの本質は「そういう発言をしてしまう環境」です。

日本という国で小島瑠璃子さんと同じ考えの人は多くいると思います。

どのように考えるかは、自由なので、それは一つの考えとして全然良いと思います。

 

ただ筋トレを楽しんでいる身としては、そういう方々にも筋トレの良さを分かってもらえるために、もっと日本のフィットネスへの認識を変えられるといいなと思います。

それを考えると、一人を叩いて炎上してしまうのは、むしろ本質からは逆行しています。

 

マッチョはただでさえ威圧感あるので、一般の方には特に優しくして、筋トレに対して良いイメージを多くの方が持っていただければと思います。

 

僕もフィットネスへの認識を変えられるよう、日々精進していくつもりです。

 

それではまた!