りょうの未来ブログ

「行動したら人生が180度変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログ

【ダイエット】これをすれば間食しない!方法を教えます

こんにちは!

りょうです。

 

皆さんは「間食」しますか?

間食とはその名の通り、朝・昼・夜の食事以外で何かを口にすることを言います。

 

ダイエットやボディメイクをしている人にとって「間食」を我慢することは耐え難い苦痛になります。

 

でも、理屈では分かってても「間食」を我慢することができない..。

 

そういう方は多いと思います。

僕もダイエットをしている時期は間食したくて仕方ありませんでした。

でも、それって理屈が分かれば簡単に克服することできるんです。

 

この記事を最後まで読めばあなたのダイエットは劇的に効率が良くなると確信します。

f:id:ars1108:20200329234952p:plain

間食したくなる理由

そもそも人は何故、間食したくなるんでしょうか。

根本の話をすると、僕たちが間食を食べたいと思うのは僕たちの「脳」が指令を出しています。

「脳」がなんで摂食の指令を出すのかというと脳にエネルギーが足りていないからなんです。

 

脳のエネルギーは以下の3つ

①糖質

②アミノ酸

③脂質

 

①の糖質は炭水化物に含まれる栄養素です。

「砂糖、小麦粉など」

 

②のアミノ酸は平たく言うと「たんぱく質」から作られます。

「肉、魚、卵など」

 

③の脂質はあらゆるものに含まれています。

「ナッツ、魚、オリーブオイルなど」

 

つまり上記3つの栄養素を僕たちは欲することになります。

そしてこれらの栄養素は「血液」を通して脳に運ばれます。

 

そして無事、脳にエネルギーが供給されると脳は安心して摂食の指令を出さなくます。

f:id:ars1108:20200329235107p:plain

間食しなくなるためのアクション

間食したくなるのは、脳がエネルギーを欲しているからだというのは分かりました。

では脳から間食の指令が出ないためにするべきことは?

 

これは簡単です。

しっかりと脳に栄養が足りている状況を作り出すことです。

 

つまりご飯をしっかりと食べることが間食をなくす最良の方法です。

ダイエットだからと言って、

「朝や昼のご飯の量を極端に減らしていませんか?」

「菓子パンなど、砂糖がふんだんに使われているものを食べてませんか?」

 

少しでも上記に心当たりがある方は要注意!

脳が間食の指令を出しやすくなります。

 

朝や昼のご飯を減らすと脳へのエネルギーが足りなくなるのは当たり前です。

また、菓子パンなどは糖質なので脳へのエネルギーになりますが、吸収が早すぎて、食べても食べてもお腹が空きます。

f:id:ars1108:20200329235249p:plain

間食を我慢できない人は

「食べなければいけないものを食べていない」

これに尽きます。

 

最後に間食をなくすことができるダイエットの食事プランをお教えします。

 

間食を無くせるオススメ食事プラン!

まず朝ご飯ですが、必ず食べましょう。

食べるものは「米(できれば玄米)、納豆、卵」がオススメです。

米は糖質で砂糖と同じに思われますが、砂糖に比べて依存性がなく、血糖値の上昇も砂糖に比べると緩やかです。

また納豆や卵は「たんぱく質」を取ることができ、たんぱく質はアミノ酸に分解されて脳へのエネルギーとなるのでオススメ!

f:id:ars1108:20200329235401p:plain

そして毎食サラダを食べられるとベスト!

サラダには食物繊維が入っており、腸内環境をよくするだけでなく、満腹感も得ることができます。

※緑黄色野菜(にんじんなど)は糖質が多いと言われることもありますが、全然大した糖質量でないのでメリットを考えると食べたほうがいいです。

 

そして間食を食べたくなるくらいだったら夜に米を食べたほうがマシです。

f:id:ars1108:20190619154150p:plain

その生活を1~2週間続けてみてください。

前までお菓子など間食を食べないと気が済まなかったのが、嘘のように解消されていると思います。

 

間食がなくなるだけで、ダイエットはより健康で美しいものになると思います。

 

それではまた!