りょうの未来ブログ

「行動したら人生が180度変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログ

サボる勇気を持とう

 

どーも!りょうです。

 

今日は「サボる」ことについてお話しします。

「サボる」と聞くとマイナスのイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?

 

ずっとサボるのは確かに問題です。

しかし、計画的にサボることで、業務効率化やストレスの軽減になりいいことづくしです。

f:id:ars1108:20181229231340p:plain

サボることの意味

まず最初に人間の集中力の話をします。

人は集中力がどのくらい続くと思いますか?

 

実は、人の集中力は15分しか続きません。

つまり、15分以上の集中は長い時間頑張っているように見えても、効率が悪いことになります。 

 

5分ほど休憩を入れると再び集中力が回復します。

つまり、あえて5分程「サボる」ことで集中力が回復するのです。

 

サボって集中力を高める

人間の集中できる時間が「15分」だけなのは前述した通りです。

ですので、例えば勉強するとして、1時間ぶっ通しで勉強することは効率が悪いです。

効率を上げる為には「サボり」を取り入れて、

勉強15分 + サボり5分

をセットにして下さい。

 

そうすると15分間は高い集中力のまま勉強や仕事に没頭できます。

だらだらと1時間続けるよりは、サボりを入れた方が断然効率が良くなるんです。

 

サボりが許されない日本

業務効率化の為に、いざサボろうとしても、サボってる光景を見られると顰蹙を買う恐れがあります。

日本という国は結果だけでなく、その過程も見られる傾向にあります。

つまり、サボりは言語道断な文化なのです。

それではどのようにしてサボればいいのでしょうか。

 

僕がやっていたサボり方

僕が以前の職場でやっていたサボり方を紹介します。

僕は以前IT企業で働いておりプログラミングをしておりました。

 

そこでサボろうとしても周りの目があります。

そこで僕は1時間に1回トイレに行くことにしました。

15分に1回は流石に難しかったので1時間に1回です。

 

トイレでは個室に閉じこもって5分間スマホを弄ったり、5分タイマーをかけて寝たりしました。

一件ただのサボりですが、確実に集中力が増し、仕事の効率が上がったことを覚えています。

f:id:ars1108:20181229231432p:plain

できる人ほど、集中する時とサボる時のスイッチがしっかりあります。

そしてできない人ほど、ずっと集中しようとして自分で首を締めています。

みなさんもサボる事は悪と思わず、仕事を進める為にサボってみませんか?

まとめ

・人の集中力は15分しか続かない

・勉強15分 + サボり5分 とサボりの時間を取り入れる

・人の目が気になる人はトイレでサボろう

以上になります。

 

それではまた!