りょうの未来ブログ

「行動したら人生が180度変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログ

怒りを抑える方法とは【どうしても怒りを抑えられない人へ】

 

どーも!りょうです!

 

今日は怒りを抑える方法についてお話しします。

 

皆さんは相手に嫌なことされた時や、嫌なことを言われた時にイラッとしたことがあると思います。

そのイラッとする原因は間違いなく怒りの感情です。

 

しかし怒りに身を任せ、反論すると話はイタチごっこで終わりが見えません。

f:id:ars1108:20181127111227p:plain

 

怒りの性質

怒りは感情的になるという性質があります。

話し合いの大前提は論理的に話すことにあります。

しかし感情的に話してしまうと話は永遠に終わらないどころか、火に油を注ぐことにもなりかねません。

 

もう一つの性質として、怒りは怒りでしか返ってこないという性質です。

相手に対して怒って発言すると、相手も怒りの感情を手にして発言してきます。

そしてお互いに感情剥き出して話し合いで解決、、とは程遠い状況になることでしょう。

 

解決策

怒りを抑えるための糸口は客観性にあります。

感情を剥き出しにしている状態の時は、自分を客観的に見れず主観的になっています。

主観的だと話が帰結するはずもありません。

つまり、客観的に自分を見る必要があります。

 

客観的に自分を見る良い方法があります。

それは自分が今100%中どのくらい怒っているのかを数値化するのです。

数値化すると、怒りの度合いを一度客観的に見なければならないので、いやでも客観的になります。

 

これは怒り以外の感情でも使えます。

悲しいときは何%ぐらい落ち込んでるのかな など。

 

一度客観的になると、怒りの感情は先程より確実に収まっているはずです。

そこから相手と対話をする必要があります。

 

しかし、そこで相手がまだ怒ってる場合もあるでしょう。

先程言ったように、怒りの感情は相手の怒りの感情を引き起こしがちになります。

ですので、また自分も相手の感情につられて怒らないように、冷静に相手をなだめる必要があります。

 

 

相手の言葉を一度受け止めてあげるといいでしょう。

「そうだね。○○の言う通りだと思うよ。気付かせてくれてありがとう。

君の意見は素晴らしいけど、僕にも意見があるけど聞いてくれない?」

 

と客観的に話しましょう。

そうするとで怒りに身を任せた場合よりも、相手が話を聞いてくれる可能性はグーンと上がります。

 

戦いに負けて勝負に勝ちましょう。

f:id:ars1108:20181127111407p:plain

 

 

まとめ

・怒りなど悲しみなどは感情的になる

・感情的になるということは主観的になるということ

・感情で話すと感情でしか返ってこない

・解決法は自分の感情を数値化する

・相手が感情的なときは受け止めてあげる

 

 

今日はここまでにします。

 

 

それではまた!