りょうの未来ブログ

「行動したら人生が180度変わった!」を叶えたい人のためのリアルなブログ

【心にゆとりを】心を豊かにする方法

 

どーも!りょうです!

 

今日は今すぐできる心を豊かにする方法についてお話しします。

 

僕は学生時代野球をしていました。

そこでは上下関係など厳しく当時は辛いことが多かった覚えがあります。

その中で教わったことで、今でも自分の心を豊かにしてくれる決まりがひとつありました。

 

それは 一日一善 です。

 

それは何かというと1日に1回だけ良いことをするという決まりです。

毎日、学校の記録(いわゆる日記)を野球部の顧問の先生に提出していたのですが、その記録の中に一日一善の項目がありました。

 

学生生活なので

トイレのスリッパを並べる

大きな声であいさつをする

など一日一善の項目に書いていました。

 

その当時は、なんで自分がこんなことを..と思っていました。

しかし、大人になってその行動は人のためではなく自分のためだと気付きました。

f:id:ars1108:20181025202810j:plain

 

 

一日一善のメリット

・人にいいことをすると感謝をされ心が満たされる

人間は他人に褒められると自尊心が認められた気がして嬉しくなります。

人にいいことをすることは自分にとってもいいことに繋がります。

 

・周りの変化に気付けるようになる

普段周りには気付いていないだけで困っている人が多くいます。

一日一善を心がけるとそれに気付けるようになります。

意識の違いだけで世界はガラリと姿を変えます。

 

なぜ一日一回なのか

一日一善はなぜいい事をすることが一日に一回なのでしょうか。

そこは習慣に繋がります。

習慣は同じ行動を繰り返すと身につくと以前お話ししました。

習慣化するために続けることが第一になってきます。

 

そう考えると1日にいい事をたくさんやるよりは1回だけにして継続する方がいいという理屈です。

いい事をたくさんするのは一日一善が習慣化してからでもいいです。

 

・とりあえずやってみる

一日一善は今この瞬間からも始められる敷居の低い習慣です。

トイレのスリッパを並べる

道路のゴミをひとつ拾って捨てる

それだけでもいいのです。

f:id:ars1108:20181120105707p:plain

 

僕のエピソードに戻りますが、僕が昔働いていた会社の人に一日一善のおかげで褒められたことがあります。

僕はゴミを見つけたらとにかく拾って近くのゴミ箱に捨てる ということを習慣化していたのですが、ある時会社で○○(僕の名前)はコンビニのゴミを拾って捨てていたらしい、すごい と噂された事があります。

 

そこで周りの評価が一気に上がったのを今でも覚えています。

僕からしてみれば、誰かのためにやったわけではなく、いつも通り行動してただけなので周りの反応にびっくりしました。

 

このように一日一善を習慣化すると結果的に自分に良いこととして返ってきます。

人のために良いことをするのもいいですが、自分のためにも一日一善を今日から始めてみませんか?

その行動があなたの心をより豊かにしてくれるでしょう。

 

 

今日はここまでにします。

 

 

それでは!